水素水を作る方法は二種類ある

水素水を作る方法は二種類ある

水素水とは、文字通り水素分子を多く含んでいる水で飲むことによって水素分子を効率的に体内に取り入れることができるようになり、さまざま効果を発揮します。

 

紫外線やストレス、タバコなどさまざまな要因によって活性酸素は発生します。活性酸素が発生すると細胞が酸化してしまったり、DNAが傷つけられてがんに発展してしまう可能性もあります。水素分子はそんな活性酸素と結合して水に変わって、体外に排出させることができるとされています。

 

活性酸素が減ることによってさまざまな効果があると考えられています。

 

水素分子が体内に吸収されることによって細胞が潤います。細胞が潤うと腸内環境も良くなっていき、排便などがスムーズにいくようになり老廃物や有害物質も排出されるため体全体がデトックスされるようになります。
便秘が改善されて老廃物を除去できれば、肌トラブルを改善することにも繋がるほか、むくみやすさや太りやすさなどを改善します。

 

活性酸素が増えると血液にも影響が現れて、血液の流れも悪くしてしまいます。血液の流れが悪くなれば脳梗塞などのリスクが高まりますが、それが水素水によって活性酸素が除去できれば血液もサラサラになり流れが良くなるため病気のリスクを下げることができます。

 

 

また、血流が良くなることによって代謝が良くなるため、ダイエットにも効果があると考えられます。

 

水素水を手に入れるには、コンビニやスーパーなどで販売されているものを購入する方法があります。しかし、毎日継続して飲んでいくことによって効果を得ることができるため、できれば自宅で作ることをおすすめします。

 

作る方法は二種類あるとされています。

 

ひとつめがマグネシウムスティックで作っていく方法です。化学反応を利用した方法で、マグネシウムスティックを購入して家庭の水道水と一緒にペットボトルに入れておくことで作られます。

 

 

簡単な方法ですが、注意したいのがマグネシウムの濃度で、含有量自体はそれほど多くないため味や身体に影響することはないとされていますが、飲用として使うもののため純度のなるべく高いマグネシウムを使った製品を選ぶことをおすすめします。

 

もうひとつの方法がサーバーを使ったものになります。水は電圧によって電気分解を起こして水素を発生させますが、サーバーはこの仕組みを利用したものです。電気分解によって発生した水素は粒子が細かく酸素に結合しやすいという特徴を持ちます。

 

サーバーで作ったものは、マグネシウムスティックとは異なり化合物が残らないため不純物の少ない水素水を作ることができるようになっています。

 

サーバーはさまざまな商品が販売されていますが、基本的に価格が高めのため十分に検討してから購入することが重要で、定期的にカートリッジを交換することも必要となるため初期コストだけではなくランニングコストも考えてから購入することが大切です。