水素水の濃度を維持するにはアルミパウチ容器がうってつけ

水素水の濃度を維持するにはアルミパウチ容器がうってつけ

水素水を飲もうと考えると様々な商品が販売されています。

 

水に自由に溶かして利用することができるものも市販されているスティックや錠剤のものもあり、ガウラミニなどの水素水サーバーを利用していつでも気軽に作れるようにすることも可能です。手軽に飲みたいと考えると、予めパッケージになっていてただ飲むだけで良いものが便利でしょう。ペットボトル入りの商品もありますが、アルミパウチ容器のものを利用するのが理想的です。自分で溶かして作ったり、サーバーを利用したりする場合にもアルミパウチ製の水筒などを利用した方が賢明ですが、これには理由があります。

 

 

水素水を利用する上で重要になるのが水素が十分な濃度で水に溶かし込まれていることです。濃度が低い領域では特に濃度が高いほど効果が高いことが確認されていて、1ppm以上はあるに越したことはありません。その濃度の高さを維持するために欠かせないのがアルミパウチ容器です。

 

水素水の濃度を維持するにはアルミパウチ容器がうってつけなのです。

 

水素は極めて小さい気体分子であるため、水が通過できないような小さな穴であっても通過することができます。飲料の保存に最もよく用いられているペットボトルは密閉性があって軽く、安くて便利であるという印象があるでしょう。しかし、ペットボトルの素材であるプラスチックは炭化水素で作られたポリマーであり、その密度は決して高くはありません。水素から見たら穴だらけの壁であり、簡単に通過して出ていってしまうのです。そのため、より密度が高くて水素が透過できないような素材の容器を使用しないと、だんだんと水素が外に出ていってしまって濃度が低下してしまいます。金属はその際に最も有力な候補となる密度の高い素材です。アルミに限らず、スチールやステンレスなどの素材も利用することができますが、安価で耐久性もよく、軽くて利便性が高いことからアルミの有用性が高いといえるでしょう。

 

アルミパウチ容器が優れている理由はもう一つあります。水に溶けている気体は接触している外気と常に交換を起こしているため、気密性の高い容器に入っていたとしても、その容器の中に空気が入っていると水素が空気に置き換わってしまいがちです。そのため、水筒のように形が固定されてしまっていると、水によって満たされていない部分にある空気が水素水の中の水素を追い出してしまいます。

 

水素は軽い気体であることから、開け閉めをする度に水素は容器の外に出ていってしまい、代わりに空気が入ってきてしまうのです。それを繰り返しているうちにだんだんと濃度が低下してしまって水素水としての効果が低下してしまいます。しかし、アルミパウチ容器を利用すると余計な空気を中に入れずに水以外の部分がない状態で水素水を保存することができるため、濃度が低下するリスクを低減させられるのです。開封してからすぐに飲まなくてもある程度の高さの濃度を維持するためにはアルミパウチ容器がうってつけであり、水素水の商品を購入したり、自分で用意したりするときには積極的に利用しましょう。